2016年01月17日

お金持ちの

 昨日までの三日間、お寺では親鸞聖人御正忌報恩講が行われました。



 報恩講では昼夜合わせて5回の講話があります。

 私は初めて全5回に参加しました。ご講師はおひとりですが、内容は5回とも異なります。

 講話の中では、ときどきお寺への寄進の話があるのですが、私の中で、今回は秀逸でした。

 「金持」の持という字はてへんで、お金を手で持っていく。どこに、右側の寺に。
 
 どれ位かというと、寺の字を分けると土と寸、これをドスンと読みます。

 ドスンというほど金をお寺に寄進するのが金持 という話でした。

 ま、私には関係ないから、笑って聞いていましたが。

 もちろん、ためになるいろんなお話もたくさんありました。が、5回は少し疲れました。  


Posted by shin. at 10:56Comments(0)日常